シニアライフを元気で過ごすには ~3つのことをバランスよく~ 私のエッセイ雑記帳(その83)

                          ライフワーク研究家 中村 義

企業を早期退職して、もう20年以上、これまで多くの新しい出会いがあった。同時に様々なテーマを追いかけながら貪欲に学習し、研究し、実践を重ねてきた。

団塊世代の皆さんよりは少し先輩であるが、生きざまは共通することも多いのではないかと感じている。このシニアライフというテーマ分野では、取り分け女性陣の活動にはいつも感動してきたし、私は今でも「女性に学べ」と言い続けている。

これまでおつき合いさせていただいた元気シニアには共通するものがあることに気づいた。まとめてしまうと次の3つの共通項である。

まず、自ら健康管理をしていること

テニス、ゴルフ、ジョギングなどを含めて、多くのスポーツをそれぞれが楽しんでいる。驚いたのは、フルマラソンに挑戦し続けている50代の女性、毎朝2時間のジョギングを欠かさない。日課のひとつに組み込まれていて、雨でも雪でもどんどん走る。還暦を目標に、リタイア後マラソンに挑戦しようと計画的なトレーニングを実行して、ホノルルマラソンや東京マラソンにも参加した男性も頑張っている。

私は、学生時代には登山や沢登りなどを楽しんだが、中高年の方には今では歩くことをすすめている。それも「速歩」である。時速6キロくらいで、普通の歩く速度の1.5倍ほどのスピード。冬場でも歩き始めて、10-15分くらいで汗ばんでくるのが大体の目安である。ぜひ実行して欲しい。周りの景色や四季おりおりの自然を楽しみながら、また欲張って自分のテーマに関する情報収集にも役立つ。

早寝早起きの習慣と組み合わせることで、お金のかからない素敵な健康法である。

次に、コミュニケーションを楽しむこと

これは何も話すことだけではなく、字を書く、絵を描く、何かを作ることなども含めて、さらに、たまには子供たちと一緒に遊びを通してコミュニケーションを共有するという具合に発展できれば、なおさらいい。

子供、大人を問わず、会話をしながら何かをすることを大切にする。特に、女性はこの分野ではすばらしい能力を発揮するので、男性諸君は見習って欲しい。まずは奥様との会話から始めてみませんか。

最後は、食を楽しむこと

幸い日本は食に大変恵まれ、四季おりおりで旬の野菜や魚などを食べられる。もっとも近年の偽装表示や不安全食品には腹立たしいことであるが。昔は全国各地に素晴しい食文化があった。ところが世の中が便利になって、どこでも同じものを買える時代になっているがそれでいいのかと思うことがある。

地産地消などと言うが、そこで生活している土地の産物を一番美味しい旬の時期に、その土地でいただくのは贅沢なことになってしまった感がする。私達が伝えていかなければならないことでもあるが、食を楽しむことは大切なことである。

さらに少しの純米酒を嗜むことも、健康に良いことが科学的に立証されているので、おまけの情報としておく。ただし、飲みすぎはいけません。日本酒なら、毎日1合に留めておけば、より健康長寿になる。(これは「利き酒師」の私よりの、おまけの余談です)

こうしてみると、これらの3つのこと、すなわち、健康、コミュニケーション、食というのはシニアだけでなく、全ての人が幸せに生きるための基本的にとても大事なことであるとも言える。

皆さんと共に、健康100寿をめざしたいものである。


コメントを書く

コメント一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。