「『スターウォーズ』の思い出 ~我が家との歴史的な繋がり」 私のエッセイ雑記帳(その81)

ライフワーク研究家 中村 義

あの超人気映画「スターウォーズ」シリーズ第7作「スターウォーズ フォースの覚醒」が2015年12月18日に、日米同時公開された。

star1.jpg


ちなみに、第1作「スターウォーズ」は、1977年5月25日にアメリカで上映され、日本では翌年に公開されている。私は、エンジニアの仕事でエクソン技術研究所に派遣され、1977年4月から1979年3月まで、米国ニュージャージ州で家族(当時3名)と一緒にアメリカ生活をエンジョイしていた。

star2.jpg


当時、2歳半であった長男と近所の知り合いたちと一緒に、映画館で「スターウォーズ」を見た記憶が鮮明に蘇ってきた。私自身は映画の世界はあまり好まないほうであるが、さすがに、アメリカ映画の最先端をいく作品に圧倒されたことは、思い出にしっかりと残っている。

star3.jpg


今回の「スターウォーズ フォースの覚醒」は第7作目であり、第1作は“「スターウォーズ エピソード4、新たなる希望”」という副題を付け再整理されている。

star4.jpg


28年を経て、いま私たちの孫世代が、「スターウォーズ」の世界にはまり込んでいる。いま、彼ら小学6年生と3年生の兄弟、3歳の妹、計3人はスターウォーズの大ファンで、関連するグッズやおもちゃの収集家となって大騒ぎだ。

star5.jpg


誕生日のお祝い品やクリスマス・プレゼントには、どんどんリクエストしてくる。親の息子(41歳)が大切に保管している逸品もそれらの仲間にはいり、おもいっきり息を吹き返している。

こうして我が家は3代にわたり、すっかり「スターウォーズ」の虜となった。これからもこの興奮状態が続くことであろう。

(画像は日本テレビより転載)


コメントを書く

コメント一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。