「人生相談」の回答者を複数に ~相談者の選択幅を広げて~ 私のエッセイ雑記帳(その77)

ライフワーク研究家 中村 義

ある新聞の「人生相談」は、ほとんど欠かさずに拝見している。多くのさまざまな年齢層の男女の、悩み、苦しみ、教えを乞う、疑問・質問などを読ませてもらっている。

それらに対して、専門家、知識人などが的確な回答をされているのであるが、ただ気になるのは、そのひとりの意見や考えによって、相談者のその後の方向性を決めてしまうことの危険性はないのだろうかということである。

というのは、こうした紙面による相談は、面と向かって話をし、双方向でやり取りをしながら、適切なアドバイスをするのと異なるため、ときには正直なところ「本当にそのようなことでいいのだろうか?」と感じることに出くわすからだ。

それを回避するには、少なくとも3人くらいの回答者からの違った意見を併記して掲載することにしたらどうだろうか。この場合、回答者の本名は伏せてA氏、B氏、C氏などとすれば、読み手と書き手の双方にとって支障がないのではと思う。

こうすることで、相談者がそれらの回答内容を比較して、自分自身で選択することができ、より望ましいかたちになるのではないだろうか。かなり難しいかもしれないが、このような複数回答を採用することも、今後の検討課題として欲しいと切に思うのである。新しいかたちの人生相談の誕生を期待したい。

例えば、こんな相談を取り上げて具体的な提案例のひとつとしてみることに。

最近のある新聞の人生相談で「暇な時に何をすればいいのか」という30代の既婚男性からの相談記事が気になった。休日には掃除、洗濯、ジョギングなどをしているが、他に読書や映画などにも興味がなく、午前中からビールや日本酒を飲んでいる。「もっと休日の時間を有効に使いたいと思っているが、何をすればよいかわからない」といった悩みである。

これに対して、ある作家が回答したのが「何をしたいか、自分で探してみたらどうか。探すのも暇つぶしでしょう。しらふの時、じっくりと自分に一体何をしたらよいのか、聞いてみるといい。自問自答して自分に向き合ったら」といったような回答である。

まことに申し訳ないが、これは残念ながら適確な回答になっているとは思えない。もし、私がコメントする立場ならば、
「子供の頃から学生時代を含めて、これまでの人生生活の中で、好きだったこと、やりたいと思っていたこと、途中でやめたが気になること、友達から君はあれが得意だったよねとか言われていたこと、などを書き出してみなさい。

そして、じっくりと眺めてみてください。そうすると、ああやっぱりこんなことがやりたかったのかというヒントに出合います。そう、それが自分で見つけたあなたのテーマなのです。さあ、さっそく始めてみませんか。きっとうまくいきますよ。なぜなら、それは人から言われたことではなく、自分で納得して見つけたことですから。頑張ってください」といったような回答をしたい。

要するに、相談者にしっかりと向き合って、本人自身ができるだけ納得できるような具体的なアドバイスをしてあげることが大切だ。

皆さんからのコメントをお待ちしています。

posted by Ryoma21 at 12:27 | Comment(0) | しなやか広場とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたしの心の「ふるさと」~それは父だったのか~ 私のエッセイ雑記帳(その76)

ライフワーク研究家 中村 義(なかむら ただし)

 故郷を遠く離れて、早や56年。東京で大学卒業後、就職、結婚と、関東での生活が長く続いている。気がつくと9年前の夏には、私は父の生きた年を越えていた。

 わたしの少年時代は、戦後の貧しい生活の真っ只中を通過して生きていたようなものである。食料品の配給、闇市なども記憶の片隅に強烈に残る。進駐軍の米兵からもらったチューインガムの味も忘れられない。
 防空壕、灯火管制、枕元に破れた履物を置き、着衣のまま寝る。小さな裸電球を覆う黒い布を見上げて、毎夜を過ごす。

 紀州の城下町というと素敵な感じがするが、当時は生きていくことが大変だった小さな町の思い出が蘇える。久しぶりに育った懐かしいふるさと和歌山のまちを歩いた。何もかも小さく見える。
和歌山城内の石積みの壁をよじ登る、三角ベースの草野球、大人用の自転車で転び傷つきながらの練習、木登り、秘密基地作り、缶蹴り、かくれんぼ、夕日が沈むまで、どろどろになって遊んでいた。

 縁台将棋で駒の動かし方を教えてもらう。わずかな小遣い銭は紙芝居用に取っておく。おもちゃは自分で作るのが当たり前、小刀で指を切ることなど珍しくはない。鉛筆はギリギリまで使う、消しゴムもチビルまで。新聞紙は便所で使う。缶蹴り用の缶の確保さえも難しかった。
こんな生活でも、別に不便と感じたことはなかった。何故か分からない。みんなで生きているという実感がとても強かったのは間違いない。

父はとても器用な人だった。我が家には鳥小屋があった。鶏は大切なもの。卵は大事な栄養源、産まなくなると肉に。首をひねり「南無阿弥陀仏」と言いながら、熱いお湯に漬ける、毛をむしる。
魚は3枚におろす。見よう見まねで、一所懸命に覚えた。だから今でも、魚はさばける。
自給自足の生活、エアコンのない暑い夏、掘りごたつで暖をとる冬、狭いながらも、居場所を探してみかん箱の机で勉強した。
貧しいけど、苦にはならなかった。みんなが同じような生活だったからかもしれない。

こんな極貧状態の家庭で育ったが、本を読むことや本を買うことには、両親は何も言わなかった。本が好きだった。というよりもテレビもない時代、本は唯一の楽しみだったから。図書館でむさぼり読んだ。借りては返し、返しては借りる。

わたしの父はとても趣味の多い人であった。書、絵画、日曜大工、園芸など。
中でも、書は格別のものがあった。師範級の腕前で、多くの書を残したが、何故か子供たちにはほとんど与えていない。わたしは幸いなことに表札をもらったが。号は「寿石」、素敵だ。

父が残した自慢の一筆がふるさとに残っている。「先祖代々の墓」という達筆な墓石。自慢である。回りの墓石とは一段と違う凛とした文字が清々しい。帰郷すると、真っ先に菩提寺に行く。今も堂々と生きている字だ。父に会える。

父は子供の頃から村一番の秀才であったらしい。でも極貧の家庭だから、上級学校には進学させてもらえなかった。独学で勉強して、村役場の小遣いさんからスタートした。大水害で疲弊したまちを復興させるという大命令を受けて、助役として赴任したのが、彼のふるさと有田市である。
学歴社会の真っ只中で、この移動は知事からの直接命令であった。家族はもちろん、回りの人々はみんな驚いた。

その父の35回目の命日も、9年前に過ぎた。そして彼が生きた歳を越えた私がいる。貧しいながらも、本を買うことには文句を言わず、子供たちには自分が叶えられなかった上級学校への進学を実行してくれた。うれしいことである。感謝。

最近、ふと気がついた。本が好き、書くことが好き、器用かな、酒が好き。何だ、父と同じではないかと。
このエッセイを墓前に供えたい。「何だ、お前も大したことはないな。俺の後を追っているだけではないか。もっと勉強せい」と言われそうな気がする。
そうだ、わたしの「心のふるさと」は、父にあったのだ。これですっきりした。

おじいさん、曾お爺さんは、こういう生きざまであったことを子供たち、孫たちにしっかりと伝えておきたい。これを小さいが、素敵なプレゼントにしたい。ごく普通の庶民の生きた証であり、大切な家族の記録でもあるから。

 やはりDNAの世界は不思議である。わたしは父が好きだ。

posted by Ryoma21 at 11:29 | Comment(0) | 中村義「私のエッセイ雑記帳: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こうして、「私の本」ができた 私のエッセイ雑記帳(その75)

ライフワーク研究家 中村 義(なかむら ただし)

あった!
一冊の本を見つけるのに、こんなにドキドキしたことはない。ほんの少し慌てながらデジカメのシャッターを静かに押した。そして何食わぬ様子で「私の本」を買った。「カバーをおかけしますか?」「いいえ、結構です」小さく震えた声で返した。

新聞で見た「あなたの原稿を本にします」というB社の広告との出逢いから半年、私の夢が現実のものとなった。

B社の出版説明会場へは、ある雑誌に投稿していた小論文を持参した。そして、担当者に相談をしてみた。その時の感触はかなり良かったので、翌日には本を書いてみたいとの意思表示をした。

当時、本社があった飯田橋へ出向き、編集局次長であったN氏との1時間余りの打ち合わせで、あっさりと目次もできた。この目次づくりが、私にとっては何よりの力強い味方であり、「これなら書ける」と直感したのである。

初めての挑戦がスタートした。ところが、いざ書き始めてみると、最も調子の良い時で1日に原稿用紙16枚が最高であり、1枚、いや1行も書けない日も何日かあった。こんな時はとても辛い。でも、鉛筆が走るということも何度か経験した。こういう時はとても楽しい気分になり、やはり書いてみて良かったという思いが残る。

1日のうち執筆にあてる時間は、午前中3時間、午後4時間という風に決めて、けじめをつけた。その方がだらだらと進めるよりも却って、効率が良いとの思いであったから。

当初、私には約200頁の単行本を書き上げるのに、どれくらいの日にちが必要なのか、まったく見当もつかないという不安があった。そこで、後にも先にもこのチャンスはないと思い、執筆に関するデータを採った。

結果は実働35日間、そう執筆時間135.5時間、総原稿枚数(400字詰原稿用紙)240枚であり、平均すると執筆日には3.9時間で原稿用紙6.9枚分を書き上げたことになる。これは1時間当たり、原稿用紙1.8枚のスピードということになる。やはり大したことはない。でも自分としては精一杯の取り組みであった。

嘘のような話であるが、原稿がほとんど完成する頃にも、未だ本のタイトルは決まっていなかった。というのは、これも私の欲張りが原因である。出版社は「欲張り納得ライフワークのすすめ」を仮題として編集作業を進めていた。私は「総合環境共生型住まい」という名称にこだわり続けた。

当時は、あくまでも生活者、施主側の目線から家づくりを追求したいとの思いを大切に考えていたからである。ただ、寺院建設プロジェクトの記録の前後を挟むように、自分の経験をもとに構築した、第2の人生を有意義に楽しく過ごすためのヒントやノウハウを加えた構成としたため、二つの主題が混在することになったのである。今から思えば、別々の本にすればまるく収まったのだが。やはり欲張りは良くない。

こうして「私の本」ができた。そのタイトルも『こうして「総合環境共生型住まい」ができた』と決まった。この本の帯には、“55歳で退職した普通のサラリーマンが、第2の人生を楽しむための欲張り納得ライフワークの見つけ方についての「実用プログラム」を構築した。本書はその「実践編」として、自ら「自然と人にやさしい住まい」をテーマにユーザー(施主)の立場からの発想や工夫を大切にした「住まいづくり」を解説したものである。これは、また「ノンフィクション実用書」という新しい分野への挑戦でもある”とある。これで文句なし、すべて見事に納まった。

自然環境と人間環境の双方にやさしい住まいづくりを寺院建築に適応するという大型プロジェクトについて、設計コンセプトから基本設計、契約、資金、ジョイント方式、施工管理、先行買付けなど、計画から完成までの全記録である。「住まいをつくる」ということは、大変にエネルギーのいることである。幸い私には時間が充分にあったから、かなり思い通りの住まいができた。その過程を多くの人に知ってもらい。少しでも参考になればこんな嬉しいことはない。

建築家の書いた「家づくりの本」はたくさんある。しかし施主、いわゆる生活者(ユーザー)自身の目線で見たり、考えたり、工夫したりした「住まいの本」はあまり見かけない。これは不思議なことである。理由はよく分からないが、たぶん建築全般にわたる専門的な知識が必要なこと、生活上の便利さを追求すると同時に経済的な検討も考えなければならないこと、設計図書や契約内容について建築会社(設計・施工)と対等に議論ができることなど、多くの面倒とも言える課題や問題をクリアする時間とエネルギーが要求されるからではないかと思う。

自分たちができる限り長く住み続けるためには、人まかせにしては「いい住まい」はできない。そして何よりも住まいづくりを楽しむことが大切である。ユーザーはあなたである。それにはプロの知識や技術を思う存分に有効に活用すればよい。住まいづくりについて、常にこんな思いがあった。そして実行するチャンスが意外と早くきたのである。

出版するということは、正直言って大変に「しんどかった」が、見知らぬ遠くの読者や知り合いから寄せられたメッセージに、「ああ、やはり書いて良かった」と思う。

「題が難しいのでとっつきにくいと思いましたが、よく勉強され、いろいろ参考になることがいっぱいありました。早めにシニアライフの計画を立て勉強に取り組む姿勢、すごいですね。それから実践に移して完璧と思える寺院の客殿・庫裡を完成させたこと、学ぶべきことがいっぱいありました」(40代、女性)

「まず、ブックカバーを取り除き、素敵な表紙装丁に目を奪われる。朝起きてから、取り敢えず『はじめに』を読み、君の輝いていたあの当時を、まざまざと思い出す。この4ページに、この本の内容全体が適確に要約されていることを窺わせる緻密な構成。文は人なり。君自身にとっては良い記録を残せたという思いかも知れないが、この『はじめに』を読んだだけでも良質の本と分かる」(60代、会社の先輩男性)

「書いてみたい」が「書けるかな」、「書けるかも知れない」、そして「書いてみよう」、さらに「書けた」へと変化していく。それぞれのプロセスで辛苦と快感を味わう。その素晴らしい体験は、あなただけのものではなく、そのまま子供たち、孫たちへのプレゼント、そう、間違いなく「生きた証」となるのだ。少しの勇気とエネルギーがあれば、誰でも出版はできる。この私ができたのだから。

出版してから、読者からの嬉しい反響の他、いくつかの新聞や雑誌にも取材記事や紹介記事が掲載されたことも大変にうれしいことである。また地域の県民活動センターなどで講演をさせていただくといった具合に、ボランティア活動の幅も少しずつ広がっている。

たった1冊の本が世の中に誕生して以来、その本を取り巻くさまざまな世界や見知らぬ人たちとの出会いによって、より楽しい生活を実感させてもらっている。

「こんな本があったらいいな」「こんなことなら書けるかも」「このことを多くの人に知ってもらいたい」「これで何か少しでも役に立てればうれしい」というような思いがあるあなた、とにかく書いてみませんか。今すぐ始めてみてください。きっと楽しいですよ。

(追記)この文章はB社の『20人の新鋭作家によるはじめての出版物語』という冊子に掲載されたものです。私も「出版コーディネーター」として編集に関わり、「はじめに」にも執筆させていただいております。

posted by Ryoma21 at 12:25 | Comment(0) | 中村義「私のエッセイ雑記帳: | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする